血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

血液サラサラとは

6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s過去にTV番組や雑誌などで特集を組まれブームになった血液サラサラ。

やらせ騒動などでブームは去りましたが、血液のスムーズな流れはブームの有無にかかわらず重要です。

特に最近では、中年や高齢者だけでなく若者の間でも血液が詰まり気味になってきているようです。

血液がドロドロになって血管の移動がスムーズでなくなると血管がつまりやすくなるので心筋梗塞や脳梗塞などの血管がつまる病気にかかりやすくなります。

特にタバコをよく吸う人や、お酒をよく飲む人、水分を普段あまりとらないような人は、血液の流れが悪くなっている可能性があるので注意が必要です。

血液ドロドロはなぜ悪い?

setumei
血液がドロドロになると、血栓という血液の塊ができなやすくなる、血液の流れがとどこおるので動脈硬化や高血圧になりやすくなるなどの危険性が高まります。

また、血流が悪くなることで末端の血管までスムーズに血液が流れず「冷え」の原因になったり、体がだるい、疲れやすいなどの症状がでることもあります。

血液の流れを改善するためには食事内容や運動を行うといったほかの生活習慣病の予防や改善にもつながることがほとんどです。血液ドロドロの解消とともに健康的な体で健やかに過ごしてください。

サラサラ度はどうやってわかる?

過去には、TV番組などで血液の流れを撮影し血液サラサラになったと放送していましたが、血液をサラサラに見せる方法(撮る角度でサラサラにもドロドロにもなる)があるため、信ぴょう性がありませんでした。

血液がサラサラかドロドロかは血液検査での数値でわかります。以下の基準値以上のものが多い場合は血液がドロドロ状態になっている可能性が高いでしょう。ただし基準値は、検査機関や今後見直されることもあるのである程度の基準と考えてください。

血圧

血液がドロドロの状態だと、血液の流れが悪くなるので血圧が高くなる傾向があります。

血圧(収縮期血圧) 基準値129以下
血圧(拡張期血圧) 84以下

血中コレステロール値

血中コレステロール値が高くなると、血液中に脂質が多い状態となり血液がドロドロした状態となります。特にLDLコレステロール値が高いと血管中に含まれる悪玉コレステロールが多くなり、血管が壊れたり、詰まったりしやすくなります。

HDLコレステロール値 40mg/dl 以上
LDLコレステロール値 60-119mg/dl
中性脂肪値 149mg/dl以下
血糖値 空腹時100mg/dl以下

血糖値が高いということは血液中に多くのブドウ糖が存在します。
ブドウ糖が血液中に多くなると、砂糖水のように血液がドロドロになってしまいます。

血液の構成

血液は、赤血球、白血球、ヘモグロビン、血小板などで構成されていますが、
これらの数が極端に多くなると血液がドロドロになる原因となります。

赤血球数 400-539万/μl
白血球数 3200-8599/μL
ヘモグロビン(血色素) 13.1-16.6g/dl
血小板数 13-34.9万/μl

血液をサラサラにするには

d8f327c8dcd8800ea9c80b0554541983_s
血液をサラサラにするためには、普段からの生活習慣が大切です。一時的に血液がサラサラになる食べ物をたくさん食べても、そのときだけ血液がサラサラになって血栓や動脈硬化などの根本的な予防にはなりません。

特に「運動をする」「バランスの良い食事をとる」「ストレスをためない」などは血液サラサラのためだけでなく他の病気の要望に効果的なので、できるだけ実践してください。

水分をこまめに摂る

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_sすぐに血液をサラサラにしたいなら、水分を十分に摂ることです。
常に水分を摂ることができれば血液サラサラを保つこともできますが、かならずしも水分が取れる状況にないこともあるので、普段から血液をドロドロにしないように気を付けることも大切です。

バランスの良い食事をとる

野菜中心のバランスの良い食事は、血液サラサラに大いに役立ちます。

青魚、海藻、大豆などの食品をバランスよく食べることでそれぞれの持つ栄養素が血流を良くします。揚げ物、油の多い食事はたまにならいいですが、頻度が多いと血液の流れが悪くなるので注意です。

ストレスを溜めない生活をする

ストレスをためると、心臓や血管を収縮させてしまいます。まら、たんぱく質を脂肪や糖分に変えるホルモンを分泌するようになるので血液の流れが悪くなります。

血液をサラサラにする食べ物をとる

1c19ecc77e131a53e93e6a59e7e017eb_s
青魚のDHAや納豆に含まれる納豆キナーゼなど血液をサラサラにする食べ物をとることで血流を改善できます。食物繊維はコレステロールの吸収を抑え、にんにくや玉ねぎは血液をサラサラにするアリシンを含みます。

有酸素運動を行う

適度な運動は、エネルギーを消費することで血糖値を下げたり血管拡張の効果から血液サラサラに役立ちます。ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を続けることで血流がよくなり、肥満を防止したり他の病気予防になります。

禁煙をする

タバコには、血管を収縮させ血液の流れが悪くなる要因になります。善玉コレステロール値も非喫煙者に比べて数値が悪くなります。

血液サラサラの食べ物

6f712b7643c866676996763cdc4fb5f6_s血液をサラサラにする食べ物は食物繊維が豊富な野菜、青魚、大豆など。
逆にあまりよくないのが、脂の多い肉や揚げ物、糖分、アルコールなどです。

このように血液サラサラに良い食品などを提示するとそればかり食べる方もいますが、一番大事なのはバランスです。

例えば、カルシウムはビタミンによって吸収率があがるなど、ほかの栄養素と組み合わさって効果が上がる食べ物などもあります。

野菜や青魚を中心にするのはもちろん良いですが、そればかりを食べ過ぎたりしないように注意してください。

また、血液をサラサラにする食べ物は一度だけたくさん摂っても意味がありません。ファストフードや添加物の多いコンビニの弁当、スナック菓子などを控えて以下の食材を中心としたバランスの良い食事を続けてください。

青魚
魚は全般的に血液サラサラに良い食べ物ですが、特に青魚はDHA・EPAが含まれており、しなやかな血管をつくる、血栓の原因を防ぐ、コレステロール、中性脂肪を現象させるなど血管の老化に役立ちます。

緑黄色野菜
血管や血流を正常に維持するためにビタミン、ポリフェノール、リコピンなどが役立ちます。また食物繊維は、コレステロールや中性脂肪を抑える作用があり、毎日の食卓に必ず入れたい食品です。

にんにく・玉ねぎ・らっきょう
玉ねぎやラッキョウには独特の成分「アリシン」が含まれています。アリシンには、血液中の脂質を減らすなどの血液サラサラに役立つ作用があります。にんにくには、100℃以上の過熱で「アホエン」という物質に変化、血栓防止やコレステロールの抑制などの効果が認められています。

納豆
大豆製品の中でも、納豆にしかない「ナットウキナーゼ」という成分が血液をサラサラにしてくれます。特に血栓を溶かす作用が一般の薬に匹敵するともいわれています。

お茶
水分を摂ると同時に、カテキンなどのそれぞれのお茶に血液サラサラのための有効な成分が入っているので、気軽に始められるサラサラ習慣です。カフェインは血流に良い効果がありますが、飲みすぎると利尿作用で水分が不足することもあるので注意してください。

黒酢
黒酢は米や玄米を発行した酢で、通常の酢よりも健康のためにいい成分が増しています。悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし血流を良くするとともに、血圧を正常にします。水や炭酸で割っても飲め調理もいれないので、毎日の健康維持に手軽に活用できます。

血液サラサラにするお茶

376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s
緑茶
緑茶に含まれるカテキンが総コレステロール値や中性脂肪値を下げて血栓をつくらないなどの働きをします。さらにカフェインが含まれているので利尿作用で老廃物や毒素を排出してくれます。

麦茶
麦茶に入っているアルキルピラジンは血液の流れを良くすることがわかっています。カフェインが入っていないため子どもでも飲めるので誰にでもおススメです。

ウーロン茶
ポリフェノールを含み、総コレステロール値や中性脂肪値を減らす作用があります。飲みすぎると胃の粘膜を荒らすこともあるので注意してください。

ドクダミ茶
カリウムが豊富で利尿作用があるので、老廃物、毒素を排出してくれます。血管をやわらかく血流を改善する作用があるので生活習慣病などにもよいとされています。

血液サラサラにするサプリ

血液がサラサラで健康な体でいるためには食事と運動、ストレス解消など基本的な生活習慣が充実していれば特に問題はありません。ただし特に重要な食事面は誰もが理想的なバランスの良い食事をとれるとも限りません。

その場合は、サプリを活用して不足している栄養素を補充することも必要です。

血液サラサラのサプリのポイント

DHA・EPAの配合量は十分か
血液サラサラ成分であるDHA・EPAが十分に配合されていることが血液サラサラサプリには重要です。EPA・DHAのほかにもDPAなどを配合しているサプリもありますので、好みで選択するのがいいでしょう。
その他のサラサラ成分が配合されているか
血液サラサラに有効な成分はDHA・EPAだけではありません。どうせサプリで栄養をサポートするなら、トータルで健康にいいものを選んだ方がお得になります。

三黒の美酢
misu_package
黒酢、にんにく、DHA・EPAの配合で健康効果抜群
黒酢、にんにく、有精卵、EPA・DHAなどと血液サラサラによい栄養素がふんだんに配合
黒酢のもろみ部分だけをつかった配合なので余計な成分なし、ポリフェノール配合量が優れた黒ニンニクなのでさらに健康への期待が高まります。
DHA・EPA
含有量
不明
その他の成分
黒酢、にんにく、有精卵黄
リピート率
92.4%
返金保証
15日間返金保証

きなり
kinari_package
成人1日の摂取目安量の半分のDHA・EPAが配合
DHA・EPAの他にもクリルオイルやビタミン類、ナットウ培養エキスを配合したサラサラサプリ。
クリルオイルは、DHAやEPAを酸化させることなく体内へ吸収、浸透させるので一般的な魚油より新鮮さを保ちやすいという特徴があります。
DHA・EPA
含有量
500mg
その他の成分
クリルオイル
(アスタキサンチン、ナットウキナーゼ)
リピート率
92.3%
返金保証
15日間返金保証
syousai

美健知箋 EPA&DHA
biken
美健知箋 EPA&DHAの紹介
EPA・DHAの含有量が業界トップクラスの750mgと豊富。一日の推奨摂取量の75%が摂取背できるので青魚をあまり食べない方などには重宝します。
また、特許取得の特殊なカプセルではビタミンEを配合し飲みやすさと体への吸収がよくなっています。
DHA・EPA
含有量
750mg
その他の成分
ビタミンE
リピート率
非公開
返金保証
なし
syousai

 
血液サラサラの市販薬は?

血液サラサラのサプリは各社から販売されていますが、手っ取り早くサラサラにしたい場合に市販薬と考えるかもしれませんが、ドラッグストアなどで医薬品に分類される薬は販売されていません。

血液をサラサラにする薬というのは、抗凝固剤、抗血小板薬などと呼ばれなんらかの血管、血液の病気の場合に医師の処方箋によって購入することができます。

これらの薬は、すぐに血液がサラサラになるので、体に傷がついて血がでたときに止まりにくいなどの注意もあるので簡単には手に入らないようになっています。

血液サラサラは一時的にサラサラにして、すぐに元に戻ってもあまり意味がありません。

食事や運動などで根本的に体を健康にした延長として血液も健康にするのがいいでしょう。