血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

【最新版】DHA・EPAサプリメントおすすめランキング

体内のサラサラにはDHA・EPAのサプリメントが良いといわれていますが、DHA・EPAのサプリメントはサラサラ以外にも健康に関するさまざまな良い点があるので人気のサプリメントの一つになっています。

特にDHA・EPAに関しては厚生労働省でも1日に1,000mgの摂取を推奨していますが、成人でも摂取推奨量に足りていない人がほとんどというのが現状です。

DHA・EPAが不足しているのはわかったけど、どのようなDHA・EPAサプリを選んだらいいかわからないという人も多いと思います。そこでこのページでは、DHA・EPAサプリメントの選び方や摂取時の注意点について紹介していきます。

DHA・EPAサプリメントをおススメな人

まずは、基本的なDHAとEPAの違いについてです。EPAは青魚などに多く含まれる成分でコレステロールや中性脂肪の他、サラサラ成分による健康へのアプローチが期待できます。

一方DHAには、集中力、記憶力や頭の回転、考える力のサポートへの期待ができます。以前に魚を食べると頭がよくなると言ってブームになっていたのは魚に含まれるDHAの効能をアピールしたものです。

DHA、EPAの片方だけでも健康にいいのですが、DHAとEPAはセットで摂ることで体内でより効率的に働いてくれるのです。そのため多くの製品ではDHAとEPAが同時に配合されているのです。

その他にもDHA・EPAには多くの効能があるため、DHA・EPAのサプリは以下のような人におススメできます。

・健康診断で数値が気になる人
・肉料理が好きで魚をあまり食べない人
・頭の働きがにぶっているかな?と感じる人
・中性脂肪が気になる人
・ドロドロが気になる人
・コレステロール値が気になる人
・うっかりミスが増えている人
・原因不明な体の不調がある人
・毎日を健康に過ごしたい人
・血圧が気になる人

いかがでしょうか?中高年になってくると誰にでも思い当たることがありますね。このリストに該当するような人はDHA・EPAのサプリを摂取することで毎日を元気に過ごせる可能性が高くなります。

以下では信頼性が高く、人気のサプリメントについてまとめましたので参考にしてください。

DHA・EPAサプリメントの選び方

DHA・EPAのサプリメントは各社からさまざまな製品が販売されています。サプリメントを実際に試してみたいとなったときには、以下のような点に注意して選ぶといいでしょう。

DHA・EPAの配合量

DHA・EPAサプリメントは脳や神経に影響するDHAと血液や血管を健康にする目的のEPAの2種類の成分を配合しています。自分がサラサラを目的とするのか、脳や頭のキレなどにアプローチしたいのかでどちらの成分を多く配合している製品が合っているか変わってきます。

カプセルへの工夫

DHA・EPAは酸化しやすい物質なので成分を封入しているカプセルに工夫がされているものの方が品質を良く保て信頼がおけるサプリといえます。また、魚臭さがないように工夫されているサプリだと無理なく続けることができます。

飲みやすさへの工夫

サプリメントが続かない理由として多いのが飲みにくさ、DHA・EPAサプリの場合は魚臭さやカプセルが大きい、飲み忘れてそのまま飲まなくなったなど続けられない理由というのは多々あります。 商品に続けるための工夫が施されている商品の方が結局は効果が高かったということもありえます。

各社のDHA・EPAサプリメント

ランキング1位アイコン
大正DHA・EPA
DHA・EPAサプリ 大正DHA・EPA
続けるための工夫が多く大手で安心
DHA 400mg、EPA200mgと価格に比べて含有量が多いサプリです。EPA・DHAに興味があってとりあえず試してみたいという方には最適でしょう。サプリメントの製造は製薬大手の大正製薬なので品質や安心感に関しては随一です。
さらに、各サプリメントはアルミの個別包装になっているので酸化しやすく劣化しやすいDHA・EPAの成分をフレッシュに保つことが可能。持ち運びにも便利なので飲み忘れが少なく無理なく続けることができます。
DHA・EPA
含有量
DHA400mg EPA200mg
特徴
個別包装で持ち運び可能
原材料
国産(鹿児島県・枕崎港水揚げ)カツオ
内容量
436mg×5粒×30袋

ランキング2位アイコン
ケンとサラ
EPAとDPAの配合はぴかイチ!
DHA 424mg、EPA205mgとDHAとEPAの配合量が多い上にDPAを37mg配合しています。DPAはEPAの10倍ものサラサラ効果があるといわれており、単なるEPAが多いサプリよりもDPAの効果が高く期待できるサプリメントです。
商品の製造は医薬品レベルの品質管理ができる工場で行っており、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた適正製造規範を充たしているため安全です。定期コースで初回76%OFFになりますが休止、解約は自由なので安心して申し込むこともできます。
DHA・EPA
含有量
DHA424mg EPA205mg
DPA37mg
特徴
DPA配合でサラサラ度はバツグン
原材料
マグロ魚油:国産、イワシ魚油:ペルー産、アザラシ油:カナダ産
内容量
650mg×120粒・約30日分
公式サイト

ランキング3位アイコン
きなり
DHA・EPA以外の成分も多数配合
DHA450mg、EPAが50mgとDHAの配合量の方が多くなっています。その代わりDPAを10mg配合しているのと、アスタキサンチンやクリルオイル、ナットウキナーゼを同時に配合しているのでDHAでの健康をカバーしつつサラサラ度も高める構成になっています。
「きなり」は実際に購入した人の満足度が高く通常は80%あればかなり高い方といわれているリピート率が、メーカー発表のリピート率は92%とかなり高い数字になっています。
DHA・EPA
含有量
DHA450mg EPA50mg
DPA10mg
特徴
DHA・EPAの他 アスタキサンチンやナットウキナーゼも配合
原材料
不明
内容量
457mg×120粒
syousai

 

結局どのDHA・EPAサプリメントがいいの?

DHA・EPAのサプリメントを試してみたい!と思ったときに、どのサプリがいいんだろうと迷うこともありますよね。

このサイトではおススメ順に掲載はしていますが、本当にあなたにあったものではありません。なぜなら、選ぶ人によって成分、価格、信頼性、口コミ、効果度、コスパのどの部分を重要視するか異なるためです。

また、意外に大事なのはサプリメントとの相性。特にDHA・EPAサプリでは魚臭さとか粒の大きさ(飲みやすさ)が重要だったりします。どんなに人気で口コミがよくても、自分に合わないものは続けられません。

まずは、あなたがDHA・EPAサプリのなにを期待して購入するのかを明確にしてから、それぞれのサプリメントの内容をチェックするとスムーズに商品を選ぶことができるでしょう。

また、特に注意したいのがサプリメントを続ける期間です。サプリメントは即効性がないため、飲んで数日では効果があるのかどうか実感できません。少なくとも3ヵ月程度は続けてみてそれでも実感できない場合には別のサプリに変えるなどした方がいいでしょう。

DHA・EPAサプリメントの基礎知識

DHAとEPAのサプリの選び方はわかったけれど、そもそもDHAとEPAについておさらいしておきたいという人のためにDHAとEPAに関する基本的な情報をまとめました。Q&A集ではDHA・EPAやサプリに関する疑問を随時掲載していいきます。

DHAとは

DHAはドコサヘキサエン酸といい、体内で脂質を構成する元となる栄養素です。食品としてはサバ、イワシ、アジなどの青魚に多く含まれています。

体内では脳や網膜、心臓や胎盤、精子などのありとあらゆるところに含まれていますが、体内で生成することはほとんどできないので体外から食事などで摂取する必要があります。

EPAとは

EPAとはエイコサペンタエン酸といい、必須脂肪酸の一種ですがこちらも体内ではほとんど作ることができません。DHAと同じくサバ、イワシ、アジなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつです。

青魚以外のマグロやサケなどにもEPAは含まれており脂がのった旬の魚であるほどEPAが多く含有されています。

DHA・EPAの違いとは?

DHAとEPAは両方ともオメガ3系高度不飽和脂肪酸という栄養素です。

化学的な構造がよく似ているため、効果が近いとされ、DHAとEPAの両方を摂取することで心血管疾患リスクや血中中性脂肪、関節リウマチ症状の低減などに十分な根拠があるとされています。

しかし、ざっくりとDHAとEPAの違いを説明するとDHAは脳や神経に存在している栄養素、EPAは血液や血管の健康を維持するための栄養素ということになります。

血液の健康を考える人はEPAが多い製品を摂取する、脳や神経に不安があり、頭の回転をサポートしたい、うっかりやあれっ?ということが多いような人はDHAを摂取すればいいでしょう。

DHA・EPAの摂取量は意外にも足りていない

日本人といえば魚というほどたくさんの魚を食べているはずですが、厚生労働省の調査によると日本人の魚の消費量は年々減少しているそうです。

理由は「食の欧米化」「食の外部化」です。米の消費量も減っていることから、パンやパスタなどの小麦製品が多く消費されるようになり、パンやパスタには相性が良いとは言えない魚を食べることが減っています。

また、コンビニやファーストフードを利用する人も多くなり、家以外で食事することが増えています。そのため、DHA・EPAの1日の推奨摂取量も不足している人がほとんどなのです。

1日の食事を思い出してみてください。今日は魚料理を食べましたか?

「今日は魚を一度も食べなかったな…」

なんて人も多いのではないでしょうか。

このようなDHA・EPAの不足によって、日本人の生活習慣病になる人の割合が増加傾向にある理由ではないかといわれているのです。

最新の研究では、DHA・EPAには冠動脈疾患や脳梗塞、加齢黄斑変性症に対する予防効果があるといわれており、これらの研究から厚生労働省は日本人成人男女のEPA・DHA目標摂取量を1日1g(マグロのトロ:2~5切れ、ハマチ:3~5切れ)としているのです。

DHA・EPAは十分に足りていない人がほとんどなので、魚を意識して摂るようにする、もしくはDHA・EPAサプリメントで補うようにするといいでしょう。

青魚からDHA・EPAを摂る時の注意点

DHAやEPAは青魚に多く含まれていることから、毎日のように青魚を食べていればDHAやEPAを不足することなく摂取できるのでは?と考える人もいると思います。

しかし、青魚や他の魚といった食品からDHA・EPAを摂取する時には注意すべき点があります。それは、魚に蓄積している水銀の問題です。

大きい魚は小さい魚を食べ続けているため、小さい魚の水銀を大きい魚は蓄積し続けています。そのため、魚からDHA・EPAを摂取する場合には水銀量に気を付ける必要があるのです。

特に妊婦さんは魚を食べることにより摂取される微量のメチル水銀が、胎児に影響を与える可能性があると厚生労働省から発表されているので、さらに注意が必要です。

青魚の魚油を含むDHA・EPAサプリメントの場合は使用されている魚油が高度に精製されています。そのおかげで独特の臭いや水銀も除去されているため心配はいらないでしょう。

サラサラのためにはサプリメントと青魚どちらがいい?

DHA・EPAの栄養素を摂取する目的の一つとして血液サラサラを目指すという人もいると思います。特にEPAのサプリメントは病院で手術や検査をする場合には使用を中止しておくように指導されるぐらい効果が明確です。

では、これから血液サラサラ生活を目指す場合には青魚などをこまめに摂取するのとサプリメントではどちらがいいのか気になりますね。

摂取する人の環境や状況によって違ってきますが、結論から言うと、食品で血液サラサラに改善できる可能性が高い人は「自分自身で料理できる」「料理をつくってもらえる」という人です。

バランスのよい食事をとってサラサラに良いとされる食材を毎日意識して摂取することによってサラサラだけでなく健康に対する大きなメリットがあります。

一方でサプリメントの方がいい人は、外食が多かったり、手料理が作れない作ってもらえないという人です。サララサによい食材を調理できなければ効果を得ることもできません。

その場合は手軽に摂取できて途中で投げ出すリスクが少ないサプリメントを活用すると長く続けることができるでしょう。

血液サラサラとDHA・EPAサプリメントの違いは?

よく勘違いされがちなのですが、血液サラサラに関連する成分はEPAだけです。DHAは脳の神経伝達に関わる成分なので血液サラサラには直接関係がありません。

そのため、血液サラサラによいサプリメントというのはEPAやDPAといった血液サラサラに関連する成分を多く含むサプリメントのことを指します。

一方でDHA・EPAのサプリメントは、EPAの血液サラサラ効果に加えてDHAの脳神経、記憶力の向上、コレステロール低下、生活習慣病の予防といったさまざまな効果の恩恵を受けられるということになります。

血液サラサラのサプリ、DHA・EPAのサプリ両方ともDHAとEPAは配合されていますが配合されている比率が違うということです。