血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

ドロドロな血液とは

jyutai

テレビや雑誌などで、数年前にブームになった「サラサラ血液」、映像で血液がスムーズに流れたり、 ゆっくりと流れる血液の状態をあなたも何度か見たことがあるかと思います。そのサラサラ血液の対極にあるのが「ドロドロ血液」です。

ドロドロ血液はなぜ悪い?

血液は、身体の重要な機能であり血液が流れにくくなるということは生命が危険になるということに等しいのです。 さらに、血液は体中のすみずみまで行き渡り、栄養分を運ぶ役割や老廃物を除去したり、傷口をふさいだり、細菌をやっつけたりと多くの働きをします。

血液が流れにくくなる状態、それがドロドロ血液といわれています。 このドロドロ血液はどうしてなってしまうのでしょうか?

ドロドロ血液の原因

もともと血液は、その機能からある程度の粘性があります。 その粘性のある状態でも、正常であれば自由に体内を動くことができます。 しかし、血液の健康状態が悪くなるといわゆる「ドロドロ」状態になってしまいます。

血液は、もともとある刺激や異常などにより粘性を増す作用があります。 そのため、ドロドロになるというのはある意味、体にとっては正常な作用ともいえます。

しかし、ドロドロ状態が長く続くと動脈硬化や脳梗塞などの別の病気に発展してしまうこともあるため、 慢性的なドロドロ状態は避けた方がいいというわけです。

さらに詳しいドロドロ血液の原因については、コチラをご覧ください。
ドロドロ血液の原因は?