血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

ヘモグロビンとは

ヘモグロビンとは、ヒトを含むすべての脊椎動物と一部の無脊椎動物の血液に含まれるタンパク質です。

酸素を体内の各組織に運ぶとともに、二酸化炭素を受け取って肺に運んで放出、また全身の各組織に運ぶという重要な働きをします。

色は鉄イオンがるので赤色で、酸素と結びつくことで鮮紅色に、また酸素との結合を解除すると暗赤色になります。

ヘモグロビンは赤血球の中に含まれるため、赤血球の数が正常であってもヘモグロビンが十分含まれていない場合、酸素を運ぶ作用が低下し貧血になってしまいます。

突然変異型が多数あるため、遺伝的に重い病気になることがあります。