血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

血管とは

血管は、血液を身体の各部に送るための通路となる菅のことです。 身体にいたるところにある各細胞は、栄養素と酸素がないと維持できません。

それらの細胞に酸素や栄養分を送り込み、水分や老廃物などを運ぶ役割をしています。

大人1人の血管をすべてつなげると、約9万キロメートル(約地球2周半)になるといわれ、血液は1分間で体中を1周できるほど早いスピードで流れています。

サラサラの血液を保つには、血液だけでなく血管も重要です。 血管の状態が悪くなると、血管自体がかたく、もろくなってしまいます。

そうなると、血の塊である血栓ができやすくなり、血液の流れが悪くなってしまうのです。血管を健康に保つには、食事が重要であり、良質のタンパク質を常に摂り続けることが大切です。

また、存在自体が悪いと勘違いされているコレステロールも血管には重要です。 コレステロールは、多いと血がドロドロに、少ないと血管のい組織が壊れやすくなってしまいます。

コレステロールは適度に摂り、コレステロール値を正常の範囲に保つことが必要です。