血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

血液検査からわかる血液のサラサラ度

kensa

血液検査を受ける目的は、血液の流れや成分を調べて体の状態をチェックすることができます。血液検査では、生活習慣病や病気になりやすさ、ガン因子の有無などがわかります。

さらに血液がサラサラなのかドロドロなのかも血液検査で判断することができます。

 

血圧
血圧の基準値:

収縮期血圧 120mmHg 拡張期血圧:80mmHg
血圧とは、心臓から血液を全身に送り出す際にかかる血液が血管を内側から押す力のことをいいます。

心臓が縮んだときの圧力を縮小期血圧(最高血圧)といい、心臓が張ったときの圧力は拡張期血圧(最小血圧)といい、それぞれ上の血圧、下の血圧と呼ばれています。

 

赤血球数
赤血球数の基準値:

男性:400万~540万/μl 女性:380万~490万/μl
血液1μl中に含まれている赤血球の数を検査します。 上記の基準値より少ないと「貧血」、基準値を上回ると「多血症」ということになります。

赤血球数の多い「多血症」の場合は、赤血球数が多すぎる状態なので変形しにくかったり、 集まりやすくなり、その結果血液がドロドロになってしまいます。 そうなると、高血圧などの別の血液の状態を引き起こすので注意が必要です。

 

白血球数
白血球数の基準値:

4500~1万/μl
白血球は体内に侵入してくる有害な菌などの外敵やガン細胞など、体内で発生した異物を 取り除き浄化する働きをします。

白血球は、普段は数も少ないので血液ドロドロに関係しませんが、 活性化して数が増えてしまうと、粘着性をもち白血球どうしもくっつきやすくなるので 血液がドロドロ状態になってしまいます。

 

ヘモグロビン
ヘモグロビンの基準値:

男性:13~15g/dl 女性:11~15g/dl
ヘモグロビンは、血液に含まれるタンパク質で、 酸素を体内に運び、二酸化炭素を排出する重要な働きをします。

ヘモグロビンの値が基準値より低い場合は、「鉄欠乏症貧血」と診断され、 逆にヘモグロビンの値が基準値より高い場合は、赤血球数が多く多血症の可能性があり血液がドロドロになっていると考えられます。

 

血小板数
血小板数の基準値:

13万~40万/μl
血小板は、体が傷ついて血液が体外に流れ出したときなどに血液を凝固させて出血を止めるという重要な役割があります。
検査では、血液1μlに含まれる血小板の数を調べます。 血小板は基準値より数が多すぎると、血流を悪くしドロドロ状態になってしまいます。

 

血中コレステロール値
血中コレステロールの基準値:

総コレステロール値 140~219mg/dl
HDLコレステロール値 男性:40~70mg/dl 女性:45~75mg/dl
コレステロールと聞くと、悪いイメージを思い浮かべる人が多いと思いますが、 コレステロール自体は脳や脊髄、筋肉、小腸、細胞膜などに含まれる重要な成分です。

このコレステロールは、血液中にも含まれており、IDL、HDL、LDLなどのいくつかの種類にわけられています。
これらの総コレステロール値が高かったり、善玉コレステロールといわれるHDLコレステロール値が低い場合は 血液がドロドロ状態の可能性が高いです。

 

血中中性脂肪値
血中中性脂肪の基準値:

40~150mg/dl
中性脂肪は、エネルギーとして使われる脂質の1種です。 血液中にも存在し、遺伝もありますが、炭水化物やアルコールなどを多く取り運動量が少ないと体に蓄積されていきます。

血液中の中性脂肪値が高くなると、血栓ができやすくなり動脈硬化などの重大な疾患につながってしまいます。

 

血糖値
血糖値の基準値:

空腹時:70~110mg/dl未満
血糖は、血液中にあるブドウ糖(グルコース)のことで、生命活動のエネルギー源として使用されます。 血糖値とは血液中の濃度を示す数値のことです。

普段は血糖値を下げるホルモン「インスリン」と、上げる働きをするグルカゴンの作用によって、 低すぎたり、高すぎたりしないように調節されています。

血糖値が高い場合は、血液中の赤血球や白血球、血小板などに影響を及ぼすため 血液は深刻なドロドロ状態になってしまいます。

 

尿素窒素・クレアチニン
尿素窒素の基準値:

8~23mg/dl
クレアチニンの基準値:
男性:1.04mg/dl以下 女性:0.79mg/dl以下
尿素窒素もクレアチニンも体内でエネルギーとして利用されたタンパク質の残りカスであり これらの検査は血液1dl中の含有量をチェックするものです。

これらの老廃物は腎臓でろ過されて尿で排出されるので、含有量が多いということは 腎臓の機能が低下しているということになります。

さらに、老廃物が多いということは逆に水分量が少ないということですので、 血液がドロドロ状態になっている可能性が高いです。