血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

血圧とは

血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す際に血液が血管を内側から押す力のことです。血液は、心臓が収縮、拡張することによって全身に流れています。

全身に流れるときの血管を押す力が正常値より強い場合は高血圧、弱い場合は低血圧といわれます。

また、心臓が縮んだときの圧力を縮小期血圧(最高血圧)といい、心臓が張ったときの圧力は拡張期血圧(最小血圧)とよばれます。

縮小期血圧は血圧の数値を「上の数値」、拡張期血圧は血圧の数値を「下の数値」と呼び血圧を測るときに使用されます。

血圧が高い場合には、血管や心臓にダメージを与えるため高血圧の状態は体によくないといわれています。