血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

血液サラサラに効果的な入浴は?

nyuuyoku

入浴はカラダもリラックスできますし、上手に入浴すれば軽い運動を行うのと同じように血液をサラサラにするのに効果があります。

しかし、熱すぎる湯温ではかえって血流によくない影響をおよぼします。お湯の温度ですが、カラダにいいのは38℃~40℃程度のぬるめのお湯です。 42℃以上の熱いお湯ですと、逆にドロドロ血液になってしまいます。

熱いお湯は、発汗や血小板の活性化で血液の粘度が増したり、急激な温度変化で血圧が上昇し血管の収縮も起きるので、 できるだけ避けた方がよいでしょう。

一番いいお風呂の入り方は、38℃~40℃程度のぬるめのお湯に、15分~20分程度はいることです。 首までつかると、水圧で心臓に負担がかかるので、お湯につかるのは胸より下の下半身だけがいいでしょう。

入浴で血行がよくなる

入浴すると、体が温まる温熱作用で体中の血管が広がり血流がよくなります。 また、水圧によって普段流れの悪い血液が押し戻され、心臓の動きが活発になります。

血流がよくなると、カラダにたまっている老廃物や疲労物質を除去してくれるので、 体の疲れや、肩や腰などのコリがよくなる効果があります。