血液をサラサラにするための方法や食品などを随時紹介中!

血液サラサラのサプリメントのおすすめランキング!

血液サラサラのサプリメントは効果がある?

血液サラサラのためにハイキングをする老夫婦

血液をサラサラのサプリメントは、単純にドロドロになった血液をサラサラにするだけではありません。

日ごろからコレステロールが高い食事や不規則な生活を改善、運動をまったくしないために生活習慣病などの病気の恐れがあるなどドロドロ血液を改善するだけでなくトータルでの健康の維持に役立ちます。

普段から、食事をバランスよくとって適度に運動もしている健康な方には血液サラサラサプリは栄養の補助、生活習慣病の予防、血管を健康にすることにも使えます。

では、実際にサプリメントで血液がサラサラになるのでしょうか?

結論から言うと、サプリメントで血液をサラサラにすることは可能です。それは、数々の論文が発表されていますし、実際に医療機関で手術や検査をする場合に、「サプリの使用有無」を必ず聞かれることからも明らかです。

また、魚に含まれるDHA・EPAは血液をサラサラにする効果が認められています。サプリメントで摂取する場合も魚と効果は変わりません。

サプリメントで摂取する場合は、商品によって異なりますがサラサラ効果の高いDPAやアザラシから摂れるハープシーオイルを主成分にしたり、アスタキサンチンなどの健康にプラスアルファな栄養素を同時に配合するなど様々な工夫をしています。

ただ、青魚を食べる場合は魚に含まれるカルシウムや他の栄養素も同時に摂れるので栄養のバランスという意味では青魚の方が望ましいでしょう。

血液サラサラのサプリ3つのポイント

DHA・EPAの配合
血液サラサラ成分であるDHA・EPAが配合されていることが血液サラサラサプリには重要です。特にDHAは脳の活性化に、EPAは血液をサラサラにします。血液サラサラを重視する場合は特にEPAの含有量に着目する必要があります。

厚生労働省のEPAの1日の推奨含有量は1gです、5g以上は摂りすぎになるので注意が必要です。ほかにもDPAやポリフェノールなどなど血液サラサラの成分を配合して効果を高めているものもありますのでそこは好みで選べばいいでしょう。

その他のサラサラ成分の有無
せっかくサプリを摂るのでしたら、DHA・EPAで血液をサラサラにするだけでなく健康によい他の成分も配合されている方がお得感はあります。

他の成分でもさらに血液サラサラを重視する場合には、DPA、タマネギのケルセチン、ナットウキナーゼなどが配合されたもの、健康効果を重視するなら「にんにく」や「黒酢」「ビタミンE」などの抗酸化力の強いものがおすすめです。

商品に保証があるか
商品が自分に合えば問題ないのですが、サプリには相性もありますので自分に合わないサプリに場合は要注意です。サプリの量も最低1ヶ月分なので高価です。万が一体質的に合わない場合は返品できるものだと安心して購入できます。

たとえ返品しないとしても、保証制度があると商品に自信があるとみることもできます。保障をつけているところは多くありませんが、購入の目安の一つになります。

血液サラサラになるといいことは

血液ドロドロは、健康に悪いというのは今では一般的になっていますが、でが血液をサラサラにすることで、どのようないいことがあるのでしょうか?実は、血液をサラサラにすることは身体の健康の多くのことに関係しています。

というのも、血液は全身を駆け巡っているので血液の流れがとどこおることで老廃物を運ぶ機能が衰えて疲れがとれない、血液で運ばれる栄養が隅々までいきわたらないことで頭が働かないなどの弊害が起きることもあります。

そう、もしかしてあなたが「なんとなく最近、疲れがとれないな~」とか、「朝頭がぼ~として仕事に集中できないな~」というのは血液の流れが悪いせいかもしれないのです。どこが悪いとはっきりわかっているときには医療機関を受診するのがもっとも確実で早い解決方法ですが、なんとなくだるい、なんとなく疲れがとれないというなんとなくの症状には血液サラサラのサプリを一度試してみることも必要です。

血液サラサラになると改善が期待できること

・冷え性
・慢性的な疲れ
・目の疲れや近視、老眼
・卵子の質や内膜の状態
・血栓の予防
・肩こりや腰痛
・高血圧
・新陳代謝の活性化によるダイエット効果
・肌の質
・頭皮への血流増加で抜け毛や白髪
・肝臓・腎臓・胃の機能がアップ

血液サラサラのサプリメントランキング

血液サラサラの効果があるサプリメントをランキング形式でご紹介します。当サイトでは、血液サラサラにする成分の種類や含有量、成分自体の有用性、そして酸化しやすい原料をしっかり保存するために使用しているカプセルについても調査し総合的に判定しています。

ランキング上位の方が血液をサラサラにできる可能性が高いのですが、サプリの成分は個々の相性というものがあるのでコストや成分を見比べて自分に合ったものを探してみてください。

ランキング1位アイコン
三黒の美酢
血液サラサラサプリ 三黒の美酢
黒酢、にんにく、DHA・EPAの配合で健康効果抜群
黒酢、にんにく、有精卵などと血液サラサラに加えてトータルな健康増進によい栄養素がふんだんに配合されたサプリです。EPA・DHAの量は125mgですが、黒にんにくは普通のにんにくよりも栄養価が優れています。配合されている成分が多いので全体のバランスを重視したサプリです。
価格は平均的な血液サラサラサプリより若干安いぐらいですが、15日間の返金保障もあり、定期コースならかなり買いやすくなるのでしばらくサプリで血液サラサラを試してみようという場合には選択肢の一つになります。
DHA・EPA
含有量
125mg
その他の成分
黒酢、にんにく、有精卵黄
リピート率
92.4%
返金保証
15日間返金保証
syousai

ランキング2位アイコン
きなり
血液サラサラサプリ きなり
成人1日の摂取目安量の半分のDHA・EPAが配合
DHA・EPAの他にもクリルオイルやビタミン類、納豆培養エキスを配合したサラサラサプリ。口コミでの評判もよく全体的な評価が高いサプリです。
クリルオイルは、DHAやEPAを酸化させることなく体内へ吸収、浸透させるので一般的な魚油より新鮮さを保ちやすいという特徴があります。コスパの面でも、定期コースにすれば多と比べて若干安いぐらいなのでしばらく続けてみるには手ごろなサプリです。
DHA・EPA
含有量
500mg
その他の成分
クリルオイル
(アスタキサンチン、ナットウキナーゼ)
リピート率
92.3%
返金保証
15日間返金保証
syousai

ランキング3位アイコン
ケンとサラ
ケンとサラの紹介
EPA・DHAの含有量が合計で630mgと豊富な上にEPAの10倍のサラサラ効果があるとされているDPAを37mg配合しているので実質的に1000mgのオメガ3脂肪酸が配合されていることになります。初回限定で76%OFFな上にいつでも休止・解約ができるため試しで購入しても安心です。
販売のページでは原料の産地やソフトカプセルの原料なども丁寧に解説されているため、サプリメントの品質を重視したい方も納得できます。
DHA・EPA
含有量
630mg
その他の成分
DPA
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

ランキング4位アイコン
大正DHA・EPA
DHA・EPAサプリ 大正DHA・EPA
続けるための工夫が多く大手で安心
DHA 400mg、EPA200mgと価格の割にはDHA・EPAの含有量が多いコスパのよいサプリです。血液サラサラを気軽に試してみたいという方には最適です。サプリメントの製造は製薬大手の大正製薬なので商品の品質や安心感に関しては随一です。
さらに、各サプリメントはアルミの個別包装になっているので酸化しやすく劣化しやすいDHA・EPAの成分をフレッシュに保つことが可能。持ち運びにも便利なので飲み忘れが少なく無理なく続けることができます。
DHA・EPA
含有量
DHA400mg EPA200mg
特徴
個別包装で持ち運び可能
原材料
国産(鹿児島県・枕崎港水揚げ)カツオ
内容量
436mg×5粒×30袋

ランキング5位アイコン
美健知箋 EPA&DHA
biken
美健知箋 EPA&DHAの紹介
EPA・DHAの含有量が業界トップクラスの750mgと豊富です。美健知箋だけで厚生労働省の一日のDHA・EPA推奨摂取量の75%が摂れるので普段から肉料理が多い、食事が偏りがちなどの理由で青魚をあまり食べない方などには重宝します。
また、サプリを包んでいるカプセルは特許取得の特殊なものでビタミンEを配合しサプリ自体の飲みやすさをアップしているのとDHA・EPAサプリでよくある体への吸収力を従来のものよりもよくしています。DHA・EPAを多めにとって血液サラサラを実感したい場合などにいいでしょう。
DHA・EPA
含有量
750mg
その他の成分
ビタミンE
リピート率
非公開
返金保証
なし
syousai

ランキング アイコン
かしこく摂りたいDHA&EPA
血液サラサラサプリ かしこく摂りたいDHA&EPA
かしこく摂りたいDHA&EPAの紹介
DHA・EPAの含有量が640mgと多い上にEPAの10倍の能力があるといわれるDPAが38mg配合されています。製品の特長として、海藻由来の成分が使われているので従来の魚臭さがなく魚にあるがちな重金属、海洋汚染の心配がいらないという利点があります。
サプリを包んでいるカプセルも100%植物由来のもので、抽出と充填に特殊な製法をつかっているので酸化しにくくピュアなDHA・EPAを摂り入れることが可能です。
DHA・EPA
含有量
750mg
その他の成分
ビタミンE
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

ランキング アイコン
イマークS
血液サラサラサプリ イマークS
イマークSの紹介
EPA・DHAの含有量が860mgと他よりも多いです。さらにEPAだけで600mgなので血液サラサラに関しては一番効果が期待できます。
ヨーグルト風味の清涼飲料水なので飲みやすさという点ではいいのですが、コストの面で他より若干高いのと甘味料が入っているので健康を管理するサプリとしてはカプセルタイプのものよりも少し心配があります。
DHA・EPA
含有量
750mg
その他の成分
ビタミンE
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

ランキングアイコン
極上クリル
血液サラサラサプリ 極上クリル パッケージ
極上クリルの紹介
EPA・DHAは少なめですが、高品質でバランスのとれたクリルオイルが100%でサラサラパワーを強めています。アスタキサンチンを同時に配合しているので抗酸化力も強くなるようにしています。
DHA・EPAよりも体内への吸収力で優っているクリルオイルですが、実感するかどうかに関しては人によるかもしれません。従来のもので血液サラサラを実感できない場合は極上クリルを試してみるのもいいかもしれません。
DHA・EPA
含有量
EPA 125mg,DHA 57mg
その他の成分
クリルオイル,アスタキサンチン
リピート率
非公開
返金保証
なし
syousai

ランキングアイコン
マンボウサンQ
血液サラサラサプリ マンボウサンQ パッケージ
マンボウサンQの紹介
マンボウの肝油を用いてDHA、EPA、DPAを配合したサプリですが、DPAの配合量が57.6mgと断トツの多さです。DPAはEPAの10倍ともいわれているので換算すると実に576mgものEPAを摂取することになります。
サプリの名前やパッケージがいまいちなので実力より低く見られてしまいますが、DPAのチカラを試してみたい場合にはこのマンボウサンQが一番です。ビタミンEやコエンザイムQ10も配合しているので抗酸化作用についても考慮されています。
DHA・EPA
含有量
DPA 57.6mg,DHA 52.8mg,EPA 44.4mg
その他の成分
ビタミンE,コエンザイムQ10
リピート率
非公開
返金保証
30日返金保障
syousai

マクロビオス ハープシーオイル
血液サラサラサプリ マクロビオス パッケージ
マクロビオス ハープシーオイルの紹介
DHA、EPAに加えてDPAを豊富に配合したサプリです。DPAは魚には少ししか含まれない貴重なオイルで、EPAの10倍のサラサラパワーを持つので少ない量でもかなりの効果を実感できそうです。
配合されている量はEPA:15.6mg、DPA:9.6mg、DHA:22.4mgとなっていて、全部で約134mg相当の血液サラサラパワーということになります。これは他と比べるとかなり少ない印象です。他に配合している成分もないので評価はあまり高くありません。
DHA・EPA
含有量
EPA:15.6mg,DPA:9.6mg,DHA:22.4mg
その他の成分
なし
リピート率
非公開
返金保証
なし
syousai公式サイト

サントリー DHA&EPA
血液サラサラサプリ サントリー DHA&EPA パッケージ
サントリー DHA&EPAの紹介
サントリーから発売の商品でセサミン、オリザプラス、ビタミンEを同時に配合しています。ゴマやビタミンEを配合しているところから、ドロドロ回避というよりもむしろ抗酸化力で体の酸化防止、脳の活性化を狙った製品のようです。
血液サラサラだけでなく、体全体のケアや老化の防止などトータルでの健康を考えている人に向いています。
DHA・EPA
含有量
400mg
その他の成分
セサミン,ビタミンE,オリザプラス
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

ルックルックDHA・EPAプレミアム
血液サラサラサプリ ルックルックDHA&EPA パッケージ
ルックルックDHA・EPAプレミアムの紹介
国産、無添加のDHA・EPAを配合したサプリでそれ以外は特に別の成分は配合していません。マグロの頭だけを使い鮮度を守る特許の製法で血液サラサラを実現するという商品です。
一般的な魚油の生成方法だと高温で煮出す方法ですが、ハイブリッド製法だと油が高温になって酸化してしまうことを防ぐことができます。また特別なカプセルを使用しているので魚油をそのまま入れて鮮度を保つことができるなど鮮度にかなりこだわっている印象です。
DHA・EPA
含有量
DHA・EPA 387mg
その他の成分
なし
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

ナットウキナーゼ&DHA&EPA
血液サラサラサプリ ナットウキナーゼ&DHA&EPA パッケージ
ナットウキナーゼ&DHA&EPA
小林製薬から発売されているナットウキナーゼとDHA、EPAを配合したサプリです。納豆の栄養成分ナットウキナーゼにタマネギのサラサラ成分であるケルセチンも配合しています。DHA・EPAの含有量は両方で159.1mg、これは他のサプリと比べると多くありません。
成分としては、いいとこどりなので少し半端な印象はありますが、魚のサラサラ成分であるDHA・EPAをメインにするか、他の成分も摂りながらもナットウキナーゼやケルセチンの他のサラサラ成分も摂り入れるかは試してみて自分に合う方がいいでしょう。
DHA・EPA
含有量
DHA 139.3mg
EPA 19.8mg
その他の成分
ナットウキナーゼ
ケルセチン
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

ハウス タマネギの力
血液サラサラサプリ ハウス タマネギの力 パッケージ
ハウス タマネギの力の紹介
ハウスから販売されているタマネギエキス配合のサプリです。DHA・EPAは配合されていませんが、血液サラサラ効果としてタマネギのシクロアリイン、ケルセチンを配合しています。
この2つの成分は、普段タマネギを食べていても少量しか摂れないので十分な健康効果は得られません。そこで成分を凝縮して錠剤にしてまとめたものです。大手なので安全と安心については問題なくタマネギ成分が自分に合うのかどうかがカギになるでしょう。
DHA・EPA
含有量
なし
その他の成分
玉ねぎ発酵エキス
玉ねぎ外皮エキス
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

DHC DHA
血液サラサラサプリ DHC DHA
DHC DHAの紹介
DHCから販売されているDHAサプリでEPAとビタミンEも配合しています。このサプリはDHAがメインなので血液サラサラというよりも集中力アップなどの脳の健康にターゲットを置いています。
量は標準より少し多めの510mgでEPAは110mgと少ないです。1日の推奨量の2/3程度なので後は食事で補うことで必要量をクリアできるでしょう。
DHA・EPA
含有量
DHA 510mg
EPA 110mg
その他の成分
ビタミンE
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

DHC EPA
血液サラサラサプリ DHC EPA
DHC EPAの紹介
DHCから販売されているEPAサプリでプラスでDHAも配合しています。DHAよりもEPAの配合量を多くしてあるので、どちらかというと血液サラサラなどの生活習慣病の予防が目的の商品です。
量としては一般的で良くも悪くもシンプルの一言です。近所のドラッグストアでも売っている場合もあるので、すぐに欲しいという人にはいいかもしれません。
DHA・EPA
含有量
EPA350mg
DHA80mg
その他の成分
なし
リピート率
非公開
返金保証
なし
公式サイト

血液サラサラのサプリで迷ったときは

血液サラサラを試してみたいと思ったときに、じゃあ実際どのサプリがいいの?と迷ってしまいますね。

このサイトでもおススメをランキング形式で表示していますが、商品の人気、価格、口コミ、効果、お買い得度などを総合的に判断しているのでピンポイントにあなたに合っているかはわかりません。

サプリメントを判断する基準は、摂取する人の体質に合うもの、価格的に続けられること、飲みやすいことなど、その人それぞれで異なってきます。どんなにいいと言われているサプリでも、臭いが苦手だったり、錠剤が大きくて飲めなかったりすることはよくあります。

まずは、自分が何を重視しているか(効果、飲みやすさ、価格など)を明確にしてから各サプリの内容を吟味するとスムーズに試してみることができます。

サプリは即効性がありませんので、3~6ヵ月ぐらいは飲み続けなければなりません。飲んでいて何も実感がわかないなど自分に合わないなと思ったら、すぐにやめてしまってもいいでしょう。

血液サラサラサプリの飲み方は?

setumei

血液サラサラサプリは、食品なので特に決まった飲み方や用法などはありません。

サプリを飲むのに最も効果的な時間は食後です。食後は栄養を吸収するための準備が整っているので吸収効率がそれ以外の時間よりあがっています。

といっても、摂りすぎもよくありません。各サプリメントの摂取目安量は必ず守るようにしてください。

また、病院で検査をする方、手術を受ける方などは血液サラサラ系のサプリは使用を控えるように指導されることもあります。医療機関を受診している場合は、必ず現在の薬との飲み合わせなどを確認してください。

血液サラサラになる市販薬はある?

血液をサラサラにするために市販薬でいいじゃないかと考える人もいるかもしれませんが、血液をサラサラにする薬はドラッグストアでは販売していません。

大きく分けると、血液をサラサラにする薬は「抗凝固剤」もしくは、「抗血小板薬」に分けられますがいずれも医師の処方箋が必要です。

これらの薬は、服用するとすぐに血液が固まりにくくサラサラにはなりますが、このような薬が必要な人は動脈硬化や血栓ができているなど特別に薬が必要な人に限られます。

DHAやEPAは多いほど良いサプリ?

血液をサラサラにする効果があると有名なDHA・EPAですが、実際に血液をサラサラにする成分はEPAの方です。

n-3系脂肪酸の1日の推奨量は18~29までの成人男性で2g、15~17歳では2.3g、50~69歳では2.4gと年齢によって必要な量が変わってきます。

とはいえn-3系脂肪酸は摂ればとるほどいいわけではなく、ヨーロッパの食品安全機関では5g摂っても問題がない、アメリカの機関では3g摂っても特に問題ないとしていることから、おおよそ5gを超えると摂りすぎになってくるので注意が必要です。

青魚で摂る場合はサイズにもよりますが、さんま1匹でDHA・EPAが合計で約1.5gほどです。焼いたり煮たりすると15~20%程度は流れ出ると言われることから、1日にサンマ1匹食べれば必要な量は摂れるということです。

さて、サプリメントの含有量ですが多くのサプリがDHA・EPA合わせて100mg~1000mgと結構幅があります。もしあなたが血液サラサラを重視するならEPAの配合量を重視したほうがいいでしょう。

合わせて1g以上を配合しているサプリというのは見たことがありませんが、おおむね500mg~800mg程度のものが適切な量といえるでしょう。ただし、EPA以外の成分で血液サラサラを補える場合にはEPAの配合量にこだわる必要はありません。

血液サラサラにはサプリと食品どっちがいい?

今日から血液サラサラを目指そうと思ったときに、食べ物で改善するのとサプリを摂取するのではどちらがいいのでしょうか?

これは、その人の環境や状況によって異なります。食べ物で改善した方がいいという人は、「自分で料理ができる」、もしくは「ある程度食材を指定して料理をつくってもらえる」人です。

血液がサラサラになる食材を意識してバランスの良い食事を摂取するようにすれば、血液だけでなく生活習慣病を予防できるなど健康維持に効果的です。

一方、サプリの摂取に向いているのは、外食が多く一人暮らしなどであまり料理はしない人です。食事に気を付けなければ、血液をサラサラにすることはできませんが、サプリメントは一日に決められた分量を摂取するだけなので気軽に摂ることができます。

サプリに頼らないで血液サラサラにするには

血液サラサラを助けるサプリメントについて紹介してきましたが、やっぱりサプリは高い、なんとか自分で頑張るから血液サラサラにする方法はないかなという人もいるでしょう。そんな方に普段の努力で血液を少しでもサラサラにする方法をお教えします。

血液をサラサラには、毎日の生活習慣をよくすることが一番。血液サラサラにする食べ物を一度だけたくさん摂って少しの間だけ血流がよくなっても、血栓や動脈硬化を予防するための解決にはなりません。

特に生活習慣で大切な「運動」「食事」「ストレスの解消」は血液サラサラだけでなく、総合的な健康によいことばかりなので気が付いたらいつも実行できるようにするのがいいでしょう。

水分を摂る
即効で血液をサラサラにしたいなら、水分を摂ることが一番です。いつでも水分を摂ることができれば血液サラサラを保つこともできます。しかし、いつでも水分がすぐにとれるわけではないので、気づいたら水分を補給することが大切です。

バランスの良い食事をとる
毎日の食卓に野菜を多めに取り入れることが血液サラサラのためには重要です。食事はバランスが大切ですが、肉は摂りすぎることが多いので青魚、海藻、大豆など意識してとるほうがいいでしょう。

ストレスを溜めない生活をする
ストレスがない人はいないと思いますが、過剰にかかるとは心臓や血管を収縮させます。ストレスは、タンパク質を脂肪や糖分に変える働きをするので血流が悪くなります。

有酸素運動を行う
ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動は、血液をサラサラにするために有用です。運動でエネルギーを消費すると血糖値を下げたり、血管を拡張したりします。

禁煙をする
タバコは血管を収縮させるので血液をドロドロにする元です。善玉コレステロールの値もタバコを吸わない人に比べて数値がよくありません。

ナットウキナーゼは血液ドロドロを改善できる?

血液ドロドロを防ぐとして有名な「納豆」その中に含まれる成分がナットウキナーゼです。ナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用があるとされていますが本当にその効果があるのでしょうか?

ナットウキナーゼの血栓を溶かす作用が懐疑的になっているのは、納豆を摂取したときにナットウキナーゼはアミノ酸のレベルまで分解され、血管に吸収される前の段階で吸収されてしまうため血栓を溶かすことは不可能ともいわれているためです。

実は、ナットウキナーゼには血栓を溶かすことができるというのはラットの実験で明らかにされています。しかし、人レベルでは有用な研究結果がないため今だ研究論文待ちといった状態なのです。